人妻の願望を叶える方法とは?

雑誌やネットの特集を目にすると、色々な人妻がいることがわかります。

「結婚してもバリバリと働き続け、育休があったものの、今では企画部門のカリスマ部長」だという、キャリアウーマンの憧れ的な人妻。

「寿退社を期に始めたアロマセラピーで開業。今では実店舗を二店構えている」という専業主婦羨望の人妻。

なので、一見すると世の人妻は往々にして人生を謳歌しているような気がします。もちろん、それぞれ悩みはあるでしょうが、少なくとも夢と希望と勇気があります。

では、人妻と呼ばれる女性の全員がそうなのでしょうか?いいえ、違います。

「カリスマ」、「成功している」という人妻にはそれぞれ矛盾点があります。

たとえば、育休で長期仕事を休んだという出世上のハンデを売りにしていますが、子供は中学生くらいにならないと急病などで働く母親は仕事を抜け出したり、休まなくてはならないものです。

つまり、家族の誰かが面倒をみているのでしょうが、「子育てと出世を両立した」というのは嘘です。正しくは「家族に子供の面倒を見てもらえたので出世できた」です。

また、人妻の多くは、その毎日がルーティンワークです。ライフスタイルは様々ですが、起床時間や週の献立、スーパーの特売日のチェック、買い物というのは条件反射的にこなしてしまいます。

やりなれないと大変ですが、何年も続けていると効率的にこなせるようになります。

苦でなくなるといえ、毎日同じようなことの繰り返しだと、外部からの刺激が必要になります。

昔はテレビのワイドショーでしたが、ここ数年はネットです。パソコンやスマートフォンでネットの女性お悩み相談や、ライフハック系サイトで豆知識を仕入れたり、寂しくなるとSNSでコミュニケーションといった具合です。

ここでわかるのは、人妻は「この平々凡々とした毎日を何とかして欲しい」という願望があるということです。

では、どのようにして願望を叶えてあげるのかということですね。

オススメは出会い系サイトやSNSでも、その人妻が絶対に普段は知り合うきっかけがないであろうタイプの男性になることです。例えば、モヒカンだとか、全身タトゥーだとか。たったそれだけのことでも「新しい自分が発見できるかも」と人妻は思うものです。

もちろん、ごくごく普通にアプローチして、デートに誘ってもいいのですが、あまりにも日常的すぎると逆にがっかりしてしまうので、ちょっと引いてしまうような非日常を提供することをオススメします。